アレンジアイテムを活用して思い通りのレッスンウエアを楽しみましょう!

こんにちは!長年バレエを続けているユリです。バレエウェアのアレンジスタイルでもとても素敵になりますが、いろいろ試していくうちにもう少し違う格好がしたいと思うかもしれません。そこで今回は応用編としてさらなるアレンジスタイルをご紹介していきます。是非チェックしてくださいね!

レッスンウェアに求められる条件

前回、前々回とレッスンウェアについてご紹介しましたが、レッスンウェアの基本とアレンジアイテムを知った上で、動きやすく身体のラインがわかるような格好であれば何でも問題ないのです。

なのでヨガウェアのようにバレエショップ以外のお店で、レッスンに適したものを用意しても大丈夫です。

世間ではヨガやランニング、ジムが人気なので、そう言った運動用の個性的なタイツにバレエの短パンを合わせる等、いろんな組み合わせを楽しんでみてください♪

では、さらなるアレンジスタイルをする上で、とても便利なオススメアイテムを紹介していきます!

黒タイツはオススメ!

タイツは基本はピンクなのですが、ピンク色は恥ずかしくて難しいという方や、もう少し締まって見える感じにしたい場合は、黒タイツがオススメです。少しこなれた感じにもなります(^_^)

黒タイツ着用時の注意点

ここで、参考にしていただきたいのが、タイツの着用順です。

特に決まりはないのですが、ご紹介する着方の方が一般的というか、周りからみて違和感がありません。

ピンクタイツの場合は、タイツを先に履いてからレオタードを着ますが、黒タイツの場合は逆で、レオタードを着た上から黒タイツを履きます。こちらの方が断然素敵に見えます。是非参考にしてみてください!

黒タイツのタイプ

黒タイツといっても、つま先まで覆うタイプのタイツはあまり履きませんし、とても違和感を感じます。

それではどんなタイプがオススメなのかというと、かかとが空いているトレンカタイプです。足の甲まで覆ってくれるので、見た目がスッキリして脚長効果もあります。

甲の部分はシューズの上から被せるようにするといいです。

また、甲まで覆うのは煩わしいという方は、好みの丈のレギンスもいいと思います。

タイツの透け感としては、あまり透けないものを選ぶのが無難です。110デニールくらいあるといいようです。

黒タイツの足先は?

トレンカやレギンスを履くと足先が裸足になってしまいますよね。

そんな時は、バレエソックスというものがあります。バレエのピンクタイツと同じ生地の靴下です。こちらを履くか、市販のもので、バレエシューズからはみ出ない、パンプスソックスやパンプスソックスの5本指タイプを履くといいですよ。

レオトップはとても使いやすい!

レオトップとは、レオタードの上半身だけのものです。レオタードのように繋がっていないので、脱ぎ着しやすくとてもオススメです。

生地はレオタードと同じしっかりとした伸縮性のあるもので、ブラカップを入れるようになっているのもあります。

また、生地感は薄くなりますが、市販のブラ付きキャミソールの上にバレエトップスを着るというスタイルもありです。

最近では種類が増えてきて、半袖、長袖、ホルターネック、キャミソール型などの種類があり、お好みのものが見つかるといいですね♪

まとめ

バレエウェアにもたくさんのバリエーションがあって、組み合わせを考えてコーディネートしたり、いろいろ探して見るだけでも楽しいですよ♪バレエウェアのあれこれを知って、ご自身のお気に入りのスタイルを楽しんでくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする