バレエファッションてどんなもの?まずはベーシックスタイルを知ろう!

こんにちわ!気づけば長年バレエをやっているユリです。バレエの習い始めは、レッスンでどんな格好をしたらいいのか悩んでしまいますよね?今回はレッスンに必要なバレエウェアのベーシックスタイルを紹介していきます。大人からバレエを始める方は是非参考にして下さいね!

バレエウェアの基本スタイル

バレエウェアの基本スタイルは、レオタードとタイツにバレエシューズです。

着る順番としてタイツを履いてからレオタードを着ます。

大人女子からするとえ!?っとなるかもしれませんね。

まずは基本を知るということで、ベーシックスタイルを覚えておくと今後レッスン着を買い足していくときの参考になるのでチェックしてください!

レオタード

バレエでは身体のラインにぴったりとするレオタードを着用します。

バレエは、手、足、のポジション、動きを覚えてレッスンをしていきます。

その際に、正確なポジションや身体の使い方ができているかをチェックするためです。

動きが制限されず、大きすぎないものを選ぶのがいいです。

一枚で着るのであれば、袖があるものを選ぶと二の腕もきにならないのでオススメです!

最近はレオタードの種類も、レースや花柄、キラキラがついていたり、パフスリーブ、ホルターネック、ハイネック等、色や柄、形も豊富にあるので、好みのレオタードを探すのも楽しいですよ♪

タイツ

色について

基本のタイツの色はピンク色です。

バレエの舞台で女性ダンサーが履いているものと同じです。

何故ピンク色なのかというと、足の筋肉の動きを確認しやすいためと言われています。

ピンクタイツといっても、色味がいくつかあるのですが、よほどのこだわりが無い限りベージュよりのものを選ぶのが大人女子には無難です。

種類について

種類としては、一般的なつま先まで覆われているものと、足裏に穴のあいているものがあります。

足裏に穴があいているものは、タイツを脱がなくても足先のケアができるので、トウシューズを履くようになると便利なタイツです。

好みになりますので、どちらを選んでも大丈夫ですが、迷ったら最初は一般的なタイツを選ぶといいでしょう。

バレエシューズ

バレエシューズは床を感じて足裏を鍛えられるように、基本は布製です。

シューズの底は滑りにくいようにスウェードが貼られています。

シューズの底は前と後ろに分かれているもの(スプリットソール)と繋がったもの(フルソール)があります。

初めて習う方は、安定感があって足裏が強くなるフルソールを選ぶのがいいでしょう。

サイズ選びの基本は、普段履いている靴よりも0.5~1cm大きめを選びます。

お店に行って試着する際にも、ただ履くのではなく、歩いてみたり、背伸びをして足指が曲がってしまわないサイズを選んでください。

足幅も選べるのでご自身にあったものが見つかると思います。

但し、大きすぎるものを選ぶと足先のラインが綺麗に見えなくなってしまうので注意してくださいね。

ボディファンデーション

ボディファンデーション(ボディファンと略して呼ぶことが多いです。)はレオタードのインナーとして着ます。

基本アイテムではないのですが、レオタードを着る際は、普段身につけている下着は付けないので、気になる方はこちらを着用されるといいです。

ブラカップを入れるタイプもありますので、レオタードを着た時にバストトップが気になる方にオススメです。

ブラタイプとレオタードタイプとありますので、好みのものを選んでくださいね。

まとめ

今回はバレエレッスンウェアの基本スタイルを紹介させて頂きました。

あくまでも基本なので次回はアレンジスタイルを紹介していきますね!

シェアする

フォローする