川上洋平の英語力が凄いのは帰国子女だから!英語歌詞が幼稚って本当?

川上洋平の英語力が凄いのは帰国子女だから!

でも実は英語歌詞が幼稚って本当?

今回は、英語の歌詞がカッコイイと大人気の川上洋平の英語力について調査!発音は中東訛りじゃなかった!英語歌詞が幼稚って言われてる理由が判明!など気になる情報をまとめて紹介していきます!


 

川上洋平の英語力が凄い!

人気ロックバンド「アレキサンドロス」のボーカル・川上洋平さんの英語力が凄いと話題になっています♪

流暢に話す川上洋平さんの英語は、ネイティブレベルの英語力だというのです( ゚Д゚)

川上洋平さんは、その英語力を活かして、2015年の9月から12週に渡って、磯部寛之さんと共に、オーストラリアのラジオ局「SBS Pop Asia」でDJを務めました♪

これは、「ラジオDJとして日本のロックを紹介して欲しい」とのオファーにより実現しました!

また、Computer Magicのダニエル・ジョンソンさんとの対談も通訳なしで行っています♪

川上洋平さんの英語は、世界でも通用するレベルだってことがわかりますね!

川上洋平の英語力に世間の反応は?

川上洋平さんの英語力は世間でも評判です♪

Twitterの書き込みでも

・「こんな英語教師いたらみんな積極的に勉学に励んで、英語力伸びまくりだな」

・「あなたの英語力欲しいです。川上洋平さん、歌が歌えて英語ができて・・・めっちゃモテてしまうだろう」

・「ネイティブクラスの英語力」

と川上洋平さんの英語力を絶賛している投稿が目立ちます♪

「英語の教師になって欲しい」という投稿もありましたが、川上洋平さんが、英語の先生だったら、英語の成績が急上昇する生徒が続出すること間違いなしですね♪


 

川上洋平が英語話せるのはなぜ?

実は川上洋平さんは、9歳から15歳まで、父親の仕事の関係でシリアに住んでいました!

6年間も海外生活をしていたんですね( ゚Д゚)

シリアの公用語はアラビア語ですが、川上洋平さんの英語が堪能になったのは、シリアのインターナショナルスクールに通っていたからなんです♪

学校では、英語しか話しませんでした!

川上洋平さんは、インターナショナルスクールで英語を身につけたということですね。

また、川上洋平さんは、高校2年の時に英語を公用語とするオーストラリアでホームスティを体験しています♪

このホームスティで、さらに英語力を磨きました!

川上洋平の英語は中東訛りって本当?

ところで、川上洋平さんの英語は中東訛りだといわれているようです!

アレキサンドロスの公式プロフィールにも、

「シリア育ちで中東訛りの英語と日本語を使い分けて歌う・・・」

とあります。

しかし、前述したように、シリアはラビア語が公用語ということで、シリア英語・中東訛りの英語というのは存在しないと言う意見もあります。

川上洋平さんの英語インタビューについて、レビュー動画を投稿しているYouTuberによると、

「99.9%素晴らしかった。大きな間違いはほとんどなく、上手なアメリカ英語だ」

とのこと!

帰国子女だけあって発音がきれいだとも言ってました♪

川上洋平さんの英語は、中東訛りではなく、ネイティブから見ても完璧なアメリカ英語だということです!

川上洋平さんは、自身の英語力を謙遜しているところに、性格の良さが出ちゃってますね♪


 

 川上洋平の英語の歌詞が幼稚って本当?

完璧なアメリカ英語を話す川上洋平さんですが、英語の歌詞になると幼稚になるというのです( ゚Д゚)

先程のYouTuberの方も「歌詞が幼稚なのが不思議」と語っていました。。。

ツイッターでも「文法的に間違いはないものの、こんな3歳児が使うような幼稚な表現」と酷評した挙句に、アレキサンドロスの歌の歌詞を添削している投稿もありました(-_-;)

しかし、川上洋平さん曰く「歌詞の意味よりも音として受け取って欲しい」とのこと!

耳に心地よい音として言葉を選んでいるんですね♪

川上洋平さんは、話し言葉は完璧な英語なのですから、英語を知らないわけではありません!

川上洋平さんの「音を大切にする心」がカッコいいですし、さすがアーティストだなと思っちゃいますね♪

川上洋平の英語力が凄いのは帰国子女だから!英語歌詞が幼稚って本当?まとめ

今回は、川上洋平さんの英語力にまつわる情報をまとめて紹介しました♪

ただでさえカッコイイ川上洋平さんが、ますますカッコよく見えてきますね!

今後の活躍からも目が離せません♪

何か新しい情報がわかりましたら、またお知らせしたいと思います!

最後までお読みいただきありがとうございました♪

[ad#co-4]
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする