草刈民代の旦那は周防正行!馴れ初めや結婚生活と子供事情が気になる

草刈民代の旦那は周防正行!

馴れ初めや結婚生活は?

子供事情も気になる!

今回は、元バレリーナで女優の草刈民代の旦那情報を調査!旦那は映画監督の周防正行!馴れ初めがちょっと意外?嫁大好きな結婚生活とは!子供事情はどうなってる?など気になる情報を紹介していきます!

草刈民代の旦那は誰?

バレリーナから女優へ転身したという異色の経歴をもつ草刈民代さん♪

そんな草刈民代さんは1996年に映画監督の周防正行さんと結婚しています♪

草刈民代の旦那・周防正行のプロフィール

草刈民代さんの旦那・周防正行さんのプロフィールを簡単にご紹介します♪

生年月日 : 1956年10月29日(64歳)

出身地 : 東京都目黒区

職業 : 映画監督、脚本家

活動期間 : 1982年-

1984年に、小津安二郎のへのオマージュを含んだピンク映画「変態家族 兄貴の嫁さん」で監督デビュー。

1989年の「ファンシイダンス」で一般映画に進出し、1992年の「シコふんじゃった。」1998年の「Shall We ダンス?」で日本アカデミー賞を受賞しました。

草刈民代と旦那の馴れ初めは?

草刈民代さんは、周防正行さんの監督作品「Shall We ダンス?」で知り合いました!

気になる馴れ初めは、「Shall We ダンス?」のプロモーションで毎日2時間ぐらい電話で話をするなど2人で同じ時間を共有することが多くありました。

それを周防正行さんが「俺は好意を持たれているんだ」と勘違いしてしまったといいます!

その後、周防正行さんは、自身のデビュー作「変態家族 兄貴の嫁さん」を、草刈民代さんに見てもらいたいと思いました!

でも、自分の作品を見てもらう前に、小津安二郎監督の作品で慣れてもらおうと、作品を草刈民代さんの自宅に届けたことから交際が始まりました♪

草刈民代の結婚発表時のコメントは?

結婚発表の時の草刈民代さんのコメントは、

「お互いに必要な存在だったから結婚した」

というものでした♪

少し冷めた感情にも見えますが、持ちつ持たれつ、お互いに必要な存在だとはっきりと言えるって素敵ですね!

草刈民代の旦那は嫁にゾッコン!

草刈民代さん夫婦は、旦那の周防正行さんのほうが、草刈民代さんにゾッコンのようです♪

あるバラエティ番組で周防正行さんは、

「1日中草刈民代さんの写真を撮りまくっている」

と語っています( ゚Д゚)

草刈民代さんが作る料理の写真まで撮って、2人の思い出の写真は、なんと1年で2万枚以上にものぼるといいます!

草刈民代さんのことが好きすぎて、すべてを撮っておきたいと思うのでしょうね♪

さらに、リビングには、草刈民代さんをモデルにした絵画まで飾ってあるとか!

まるで新婚のようなベッタリ感ですが、これで結婚20年以上というから羨ましいかぎりです♪

草刈民代と旦那の結婚生活とは?

草刈民代さんは昔、片付けることが苦手だったようで、旦那の周防正行さんの話では、

「新婚旅行から帰って来たときには家の電気はつけっぱなし、歯磨き粉のふたも開けっ放し」

という状態でとても驚いたといいます。

草刈民代さんは、

「今はずいぶんよくなっているんですけど、なんかすると大体すぐ次のことにいっているんですね。だから元に戻すとか、そこまでする手前にもう先に行っちゃってて」

と、自分のせっかちな性格を語っていました。

一方の、周防正行さんは、モノを捨てられないタイプなんだとか!

この件に関しては、草刈民代さんが、衣類を全部出して、いるものを要らないものを夫に分けさせているとのこと。

やっぱり、こちらの夫婦はお互いに必要な存在なんですね♪

草刈民代と旦那に子供は?

草刈民代さんと旦那には子どもはいません!

草刈民代さんが結婚した時には、まだ30歳だったので子どもを産める年齢ではありました。

しかし、草刈民代さんと周防正行さんは子どもを作らない選択をしています!

草刈民代さんはかつて、

「私は子どもを産むことを深刻に考えたことはありませんでした。『踊る』ことしか考えていなかったからです。『産んでいたらどんな人生になっていたのか?』と想像しようとしたことはありますが、やはり、どう考えても私には子どもを産むという選択はなかったと思います」

と語っています。

いかにバレエにストイックに向き合っていたのかがわかりますね♪

草刈民代の旦那は周防正行!馴れ初めや結婚生活と子供事情が気になるまとめ

今回は、草刈民代さんの旦那にまつわる情報を紹介しました♪

今後も草刈民代さんの活躍から目が離せません!

何か、新しい情報がわかりましたら、またお知らせしていきますね♪

[ad#co-4]

[関連コンテンツ広告]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする