豊川悦司は韓国籍!実家の父親の職業はパチンコ経営者or靴職人?

豊川悦司は韓国籍だった!

実家の父親の職業はパチンコ経営者or靴職人?

今回は、高身長イケメン俳優の一人・豊川悦司は韓国籍との噂を調査!噂は本当だった!自身が韓国籍だと気づいた瞬間は?実家の父親の職業はパチンコ経営or靴職人説の真相は?などの情報を紹介します!


 

豊川悦司は韓国籍(韓国人3世)って本当?

数々のドラマや映画で活躍している俳優の豊川悦司さん♪

そんな、豊川悦司さんは、自分が在日韓国人3世だとカミングアウトしています!

過去に雑誌のインタビューでその事実を自ら明かしたとのこと。

潔よくカミングアウトしたことで、豊川悦司さんの好感度がかなり上がったと言われています♪

豊川悦司は韓国人だと知らずに育った

実はm豊川悦司さんは、在日韓国人だということを全く知らずに育ちました!

「家の中に点在していた韓国人であることのキーワード達、キムチ、チョゴリ、チャンゴといったアイテム、ハラボシ、ハルモニ、アボジ、オモニという言葉。視覚と聴覚を掠めるキーワードは、ほかの子供達とは違うのだという認識を私にもたらすまでにはいかなかった」

と、ある機関誌で豊川悦司さんは語っています。

豊川悦司さんのこのコメントをみると、自分が韓国人だということに気がつかずに育ったことがよくわかりますね!

日本の学校に通い、日本人の子供たちと何も変わることのない生活をして、ただ、普通の家庭より少し韓国のことに詳しいとは感じるくらいだったんですね。

 

豊川悦司が韓国人だと知ったのはいつ?

豊川悦司さんが、自分が韓国人だと知ったのは、20歳を過ぎてからでした!

初めて海外に行くことになった時に、パスポートを申請し、その事実に気がつきました。

韓国のパスポートを渡され、訪れた先で韓国人としての扱いを受けたとのこと。

それまでは、考えることもないくらい当たり前に日本人だと思って過ごしてきた豊川悦司さんには”衝撃の事実”以上のものがあったのではないでしょうか。

豊川悦司と同じ韓国籍の有名人は?

調べてみると、芸能人には在日韓国人の方が多いようです!

豊川悦司さんと同じ俳優の岩城滉一さんも在日韓国人です。

60歳を過ぎてもヤンチャな感じが素敵なおじさまですが、本名は李光一さんといいます。

岩城滉一さんは、在日韓国人であることを隠すこともなく公言していますが、2017年に日本に帰化しています。

芸能界のご意見番として睨みを効かせている歌手の和田アキ子さんも在日韓国人ですが、すでに日本に帰化しています。

俳優の大鶴義丹さんの父親は、劇作家の唐十郎さんですが、母親は在日韓国人女優の李麗仙さんです。

モデルで女優の水原希子さんは、父がアメリカ人のハーフで母が在日韓国人です。

水原希子さん自身はアメリカで生まれて日本で育っています。

国際色の強い水原希子さんは、韓国人とか日本人などの人種は問題にしていないかもしれませんね!

NHK連続テレビ小説「マッサン」で一躍人気を集めた俳優の玉山鉄二さんも、父親が在日韓国人2世ということで、自ら韓国系日本人であると公言しています。

そのほか、女優の松坂慶子さん、ミュージシャンの布袋寅泰さんも父親が韓国人であることを告白しています!

 

豊川悦司の父親の職業は?

wikipediaでは、豊川悦司さんは、大阪の西成区の靴職人の父親の家に生まれるとの記載がありますが、パチンコ店を経営しているとの噂もあります!

ネット上では、豊川悦司さんの父親はパチンコ店を経営していたという説が多いようですが、定かではありません!

豊川悦司の父親の職業:パチンコ店経営説の噂元は?

戦後、在日韓国人の方にだけパチンコ店を営んでも良いという権利が与えられていたとのこと!

そのため、在日韓国人の中にパチンコ店経営者が多かったようです。

そんな事情から、豊川悦司さんの父親も在日韓国人であるというところから、パチンコ店を経営していたのだろうと憶測が広まったようです!

 

豊川悦司の父親エピソード

豊川悦司さんの父親は、映画が大好きだったようで、豊川悦司さんはよく映画館へ連れて行ってもらったといいます。

豊川悦司さんも父親の影響を受けて幼い頃から映画好きとなり、小学校2年の頃には映画雑誌「スクリーン」を愛読していたとか( ゚Д゚)

豊川悦司さんが俳優になったのも父親の影響なのかもしれませんね♪

豊川悦司は韓国籍!実家の父親の職業はパチンコ経営者or靴職人?まとめ

今回は、豊川悦司さんの韓国籍に関する情報と父親情報を紹介しました!

色んな演技で楽しませてくれる豊川悦司さんの今後の活躍にも注目です♪

何か、新しい情報がわかりましたら、またお知らせしたいと思います!

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする