宮原知子ブサイクすぎると両親医師で病院は沖縄に?の真相!

宮原知子がブサイクすぎる?との噂があるようです。そして両親そろって医師でその病院は沖縄にある!との情報もあります。実際どうなのか気になりますよね。宮原知子がブサイクすぎるって噂になった理由とは何かと実際に両親が医師で病院は沖縄にあるのかを検証してみました!

スポンサーリンク

宮原知子ブサイクすぎって矯正が失敗した?真相は?

宮原知子さんがブサイクすぎると言われているとの話題がありますが、どういうことなのでしょうか?

宮原知子さんといえば、小柄で、クリッとした目が印象的な方ですよね。

女性ですから、ブサイクすぎるなんて言われたらショックですよね。しかもまだまだ若い!

どうしてそんなヒドイことを言われているのか調べてみると、どうやら歯の矯正が関係しているようです。

現在は治療が終わっているようですが、2012年頃にはまだ歯の矯正をしていたようです。

矯正の方法もいろいろあるようで、その中でも宮原知子さんは歯の表側に矯正器具を装着するタイプの治療を行っていました。

当時の画像を見てみると、矯正器具のせいでものすごく歯が前に出ている印象になっています。

小柄な身体とバランスのとれた顔の大きさなので、顔もかなり小さい可能性が高いです。

そうなってくると余計に当時の矯正治療中の歯が、主張してしまったのでしょう。

どうやらこのせいで、ブサイクすぎるという印象を受けた人がいたのかもしれません。

普通の人でも、歯のバランスが悪いと、身体のいろんな場所に悪影響が出てくるといいます。ましてや、宮原知子さんはフィギュアスケート選手です。

フィギュアスケート選手には左右対称のバランス感覚は、回転やジャンプをしていく上でとても重要で、左右のバランスが演技の出来を左右するそうです。

そうなってくると、見た目ももちろんですが、宮原知子さんが歯列矯正をすることは必要不可欠だったようです。

そして、矯正器具をつけていない今は、歯が目立つこともなく綺麗に並んでいます。

矯正は失敗したのではなく、うまくいっているようです。よかったです!

宮原知子さんがブサイクすぎるという噂は、歯列矯正治療の過程の姿が影響していて、噂の原因になった治療はうまくいったと考えていいようです。

よかったですね!

宮原知子は今現在かわいい!?

宮原知子さんは、歯列矯正当時にブサイクすぎると言われてしまったものの、矯正器具が外れた現在は、ブサイクすぎる?はどうなったのでしょうか?

現在は、目立っていた前歯が綺麗に並んで品良く奥に引っ込んでいます。

とても可愛く、大人っぽくもなりました。

もうブサイクすぎると言われる要素はありません。

口元の印象で人はこんなにも変わるのですね!

宮原知子ファンはどう思ってるの?

宮原知子さんのファンは、やはりブサイクすぎるだなんて思っていませんでした。

とても可愛くて親近感がある人だとか、真面目で努力を怠らない素敵な人だと思っているようです。

そりゃそうですよね!

最近の宮原知子さんは、スケート演技で貫禄さえ感じるようにもなり、見ていて安定感がありますよね。

うまくいった演技を終えたあとの笑顔も、とても素敵な女性ですよね。

スポンサーリンク

宮原知子の両親は医師だった!年収はどれくらい?

宮原知子さんのご両親は、医者だという情報があるようです。

フィギュアスケートは、とてもお金のかかるスポーツだと聞きますので、ご両親の職業が医者だというのも納得できます。

調べてみると、やはり宮原知子さんのご両親は医者ということで間違いないようです。

ちなみに、病院を経営しているのではなく、両親とも勤務医だそうです。

ご両親とも医者ということが、すごいですよね!

気になる年収ですが、やはり詳しい情報はありませんでした。

父親の肩書きが部長で、母親の肩書きが副部長とのことで、医者の中でもかなりの年収を稼いでいるのではないのでしょうか。

宮原知子さんの両親の年収については、一人1千万円以上の年収として、両親ともなので2千万円以上の年収もあるのでは?と推測している人もいるようです。

フィギュアスケートをトップレベルで習わせるって、それくらいの収入は必要になりそうですよね。

宮原知子の両親の病院はどこ?経歴完璧すぎる!

宮原知子さんの、高額年収を推測させる両親の病院はどこにあるのでしょうか?

調べてみると、宮原知子さんのご両親が勤務する病院は、京都にあるようです。

病院名は、京都大学医学部附属病院という説と、京都市立病院説があります。

父親の病院の名刺のようなものには、京都大学医学部附属病院とあるのでこちらの説が有力のようです。

専門は呼吸器外科だそうで、京都大学医学部を卒業しています。

外科といえば医者の花形と言われることもありますよね。完全にエリートですね!

2002年には家族を連れてアメリカに留学していたそうです。

さらに、宮原知子さんの父親は、インテリなだけじゃなく、周りの人から体育大学を進められるほどのスポーツマンでもあるそうです。

宮原知子さんは、父親の遺伝子を受け継いているのですね。

そして、母親も同じ病院に勤務していて、なんと血液内科の副部長なんだそうです。

夫婦そろって医者のなかのエリートってすごいですよね!

このような両親に育てられた宮原知子さんが、インテリで運動神経がいいのも納得できる事実でしたね。

宮原知子両親は沖縄県出身?

宮原知子さんは、沖縄出身ではないかと噂されることがあるようです。

確かに、宮原知子さんのエキゾチックな顔立ちに、沖縄っぽさを感じさせるのも否定できません。目鼻立ちがしっかりとしていて、演技中の目力は力強いですよね!

しかし、宮原知子さんの両親は京都の病院に勤務しており、宮原知子さん自身も、学生時代は、京都と大阪の学校に通っている事実もあり、沖縄出身の可能性はとても低いようです。

宮原知子プロフィール

生年月日:1998年3月26日
出身地:京都府
血液型:B型
利き手:左手
身長:152cm
出身校:立命館小学校、関西大学中等部、関西大学高等部、関西大学
所属:木下グループ

宮原知子さんは、スケートの成績も優秀ですが、頭もいいようです。

関西大学高等部の偏差値は65とかなりレベルが高いです。

苛酷なスケート練習をしていても、勉強の手を抜くことはなく、全国模擬試験では20位代になったこともあるそうです。

文武両道ってなかなかの努力が必要ですよね。両親の遺伝子でもともと頭がいいのでしょう。

さらに、進学した関西大学は日本でも最高レベルの環境でスケート練習ができる場所なんだそうです。

宮原知子さんの話す英語が流暢なのは、父親の仕事の関係で、幼少期にアメリカで生活していた経験が理由のようです。

もちろん、日本に帰ってきてからも英語を使う環境にも身を置いていたのでしょうね。

そして、宮原知子さんの兄弟については、妹が一人いるそうです。

妹もフィギュアスケートをしていたようですが、今は体操に力をいれているんだとか。

やりたいことをやらせてもらえる環境、羨ましいですね。

宮原知子ブサイクすぎると両親は医師で病院は沖縄の噂検証!まとめ

フィギュアスケートの宮原知子さんのブサイクすぎるとの噂と、両親の職業や出身地についての情報をまとめてみました。

ブサイクすぎると言われてしまったのは、歯列矯正器具のせいで、現在はとても綺麗に整っています。そしてブサイクでもありません!

両親は噂通り医師でしたが、沖縄出身ではありませんでした。京都のエリート一家でしたね!

宮原知子さんは、152cmと小柄な体型からは想像できないほどの、迫力を感じさせる演技が印象的ですよね。

演技にも性格が出るもので、正確さというかキッチリとした性格が現れているように感じます。

宮原知子さんには、これからもスケート界を引っ張って言ってほしいですよね!応援しています!

引用:https://mikumari39.net/miyaharasatoko/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする