新庄剛志の成績(メジャー)が意外すぎ?年俸推移や驚愕の収入を調査!

スポンサーリンク

新庄剛志の成績(メジャー)と年俸推移が意外すぎって本当?野球以外の驚愕の仕事って何!新庄剛志の成績(メジャー)が世間のイメージと大きく違ってると話題です!日米の実際の成績と年俸推移は意外と物足りない?また世間離れした驚きの仕事内容についてもまとめて紹介!

スポンサーリンク

新庄剛志の成績・メジャー時代が意外と凄くない説!

現役時代は「宇宙人」などと呼ばれ、野球選手らしからぬ奇抜な言動でファンを楽しませてくれた新庄剛志さん♪

2019年11月、翌年のトライアウトを受験して現役復帰を目指すためのトレーニングを開始する、と発表し話題となっていますね♪

その新庄剛志さん、現役時代の成績は、知名度の割には大したことがないと言われていますが、ホントのところはどうだったのでしょう?

結論から言えば、新庄剛志さんは、メジャーリーグ在籍時代を含め、通算17年間現役でプレーしています!

プロ野球の世界は、ドラフト1位で入団しても活躍できるのはほんの一握りと言われる厳しい世界。

17年間第一線で活躍しただけでも、スゴイ選手だったのは間違いないですよね!

今回の記事では、実際の成績や年俸について掘り下げて行きます♪

新庄剛志の成績は?

新庄剛志さんは、日本とアメリカの野球界で活躍された方です♪

日本とアメリカでの成績についてチェックしていきましょう!

新庄剛志の成績(日本編)

新庄剛志さんは、1989年ドラフト5位で阪神タイガースに入団しています。

阪神タイガース時代

1990年:一軍出場なし

1991年:打率.118、2安打、0本塁打、1打点、0盗塁

1992年:打率.278、98安打、11本塁打、46点、5盗塁

1993年:打率.257、105安打、23本塁打、62点、13盗塁

1994年:打率.251、117安打、17本塁打、68点、7盗塁

1995年:打率.225、70安打、7本塁打、37点、6盗塁

1996年:打率.238、97安打、19本塁打、66点、2盗塁

1997年:打率.232、112安打、20本塁打、68点、8盗塁

1998年:打率.222、92安打、6本塁打、27点、1盗塁

1999年:打率.255、120安打、14本塁打、58点、8盗塁

2000年:打率.278、142安打、28本塁打、85点、15盗塁

◆北海道日本ハムファイターズ時代

2004年:打率.298、150安打、24本塁打、79打点、1盗塁

2005年:打率.239、91安打、20本塁打、57打点、5盗塁

2006年:打率.258、113安打、16本塁打、62打点、2盗塁

2007年:現役引退

※日本通算:打率.254、1309安打、205本塁打、716打点、73盗塁

新庄剛志の成績(アメリカ編)

◆ニューヨーク・メッツ時代

2001年:打率.268、107安打、10本塁打、56打点、4盗塁

◆サンフランシスコ・ジャイアンツ時代

2002年:打率.238、86安打、9本塁打、37打点、5盗塁

◆ニューヨーク・メッツ時代

2003年:打率.193、22安打、1本塁打、7打点、0盗塁

※米国通算:打率.245、215安打、20本塁打、100打点、9盗塁

★日米通算:打率.252、1524安打、225本塁打、816点、82盗塁

スポンサーリンク

新庄剛志の成績に世間の反応は?

新庄剛志さんの成績を、世間はどう評価しているのでしょう?

“あの守備で20ホームラン打ってくれたらどこのチームでも欲しいだろ”

“低打率がネックでも下位なら優秀な方”

“いちおうクリーンアップ張れる程度の打力と、球界トップレベルの守備走塁”

“華があるってのはこういう選手のことを言うんやなあ”

打撃面での評価はあまり高くないようです・・・。

ただ、そこそこは打ってくれるので、主軸打者を務めるのは難しくても、下位打線にいてくれたら助かる選手。

一方で、守備については、誰も異論を唱えないほど球界トップレベルなので、外野の要として誰もが欲しい選手なんです!!

そして、誰からも愛されるキャラクターやファンへのサービス精神、メディアの注目度と言ったところが、とても評価されている選手と言えます。

また、成績が低迷していた当時の阪神に明るい話題を提供し、北海道にフランチャイズを移転した日本ハムに優勝をもたらした、稀有なスターだったと言えるでしょう♪

また、自身初の出場となる日本シリーズで活躍して優勝を果たし、引退するという最高にカッコいい引き際を見せてくれたのも印象深いですね!

新庄剛志は成績よりも実績がすごい!

新庄剛志さんは、実は、一流打者の証と言われる打率3割・30本塁打・100打点を、どれも一度も達成していません!

それなのにメジャーリーグに挑戦し、日本に帰ってきてからも北海道日本ハムの優勝に貢献したり、常に活躍の場をつかんでいます。

人によって評価が分かれる選手のようですね。

ですが、実は新庄剛志さんには、特筆すべき実績があります!

ベストナインを3回、ゴールデングラブ賞を10回も獲得しているのです♪

ベストナインは文字通りその年の最も優れた9人の選手に、ゴールデングラブ賞は守備に卓越した選手をポジションごとに表彰するものです。

新庄剛志さんの数字上の成績に、今一つ物足りなさを感じる人でも、この受賞歴を見れば、いかに新庄剛志さんが優れた選手かが分かりますよね♪

スポンサーリンク

新庄剛志の年俸推移が知りたい!

新庄剛志さんの年俸はどのようなものだったのでしょうか?

 新庄剛志の年俸推移(日本)

◆阪神タイガース時代

1989年:契約金3700万円

1990年:360万円

1991年:400万円

1992年:460万円

1993年:2200万円

1994年:4300万円

1995年:5500万円

1996年:4900万円

1997年:5700万円

1998年:7300万円

1999年:6200万円

2000年:7800万円

◆北海道日本ハムファイターズ時代

2004年:8000万円+出来高5000万円

2005年:8000万円+出来高5000万円

2006年:2億2000万円

※日本通算:8億3120万円

とても意外なことに、阪神時代は10年以上在籍していながら、年俸が1億円に届いたことがなかったんですね!

現在の野球界では、何人も1億円プレーヤーが誕生していますが、当時は新庄剛志さんクラスの選手でもなかなか大台には届かなかったんですね。

ただ、メジャーからの復帰後、日本ハム時代に年俸が一気に3倍近くに跳ね上がっているのは注目すべきです!

これも、成績は超一流でなくても、観客動員やファンサービス、話題性などで球団に貢献しているからこその評価だったんでしょうね♪

新庄剛志の年俸推移(メジャー)

◆ニューヨーク・メッツ時代

2001年:50万ドル

◆サンフランシスコ・ジャイアンツ時代

2002年:135万ドル

◆ニューヨーク・メッツ時代

2003年:60万ドル

米国通算:2億4500万円

※日米通算:10億7620万円

2002年のサンフランシスコ・ジャイアンツ時代は、前年から85万ドルもアップしています!

メジャーリーグにおける日本人選手の評価は、実力以外にもグッズの売り上げ、広告収入、日本でのテレビ放映権料、日本から応援に来るファンの観客動員など、いわゆるジャパンマネーと言われるものも加味されているとのこと!

新庄剛志さんについては、実力以外の面での評価といった側面もあるかと思います。

が、それでも倍以上のアップを勝ち取っているわけですから、大したものですよね♪

スポンサーリンク

新庄剛志の年俸・メジャー契約当時に世間はザワついた!

2006年のオフ、新庄剛志さんは突如大リーグ挑戦をぶち上げました!

当時所属していた阪神タイガースは、スター選手の流出を止めるため、5年12億円という破格のオファーを新庄剛志さんに提示!!

ところが新庄剛志さんは、そのオファーを断り、年俸2,200万円でのメジャー挑戦という無謀な選択をしたんです!

このチャレンジに対し、世間はおろかファンからも、「無理」「日本の恥」と批判の声が殺到しました。

そして、新庄剛志さんのメジャー時代がどうだったのかと言うと・・・

新庄剛志さんがメジャーに移籍したのは、あのイチロー選手と同じ年でした!

そして、新庄剛志さんのメジャーでの活躍期間はわずか3年間でした。

しかし、イチロー選手がついに果たせなかったワールドシリーズに、新庄剛志さんはわずかメジャー2年目にして出場を果たしているのです!

やはり、何かを持っているのが新庄剛志なんでしょうね♪

新庄剛志の野球の年俸はバイトだったって本当?

新庄剛志さんは、現役時代に44億円を稼いだと言っていましたが、それは本当なのでしょうか?

先ほど説明した年棒だけだと、合計しても約10億円しかありません!

新庄剛志さんは、雑誌などのインタビューや『しくじり先生』(テレビ朝日系)出演時に、「野球はバイト」という言葉を使っていました。

年俸の数千万円という金額が、小遣い稼ぎのバイトレベルでしかないというのですから、スケールの大きな話ですよね!

では一体、新庄剛志さんは、どれくらいの年収を得ていたのでしょう?

本人が写真週刊誌のインタビューで語った内容だと、最高年収は13億円!ということでした!!

野球の年俸収入以外にもたくさんの収入があったということですね!

その時の収入の一つとなったのが、写真だそうです。

ある時、新庄剛志さんがメイクをしていたら、マネージャーに写真を撮られたので、「この写真は何?」と聞いたところ、「広告に使う写真です。今ので8000万円入ってきます」という答えが返ってきたそうです・・・(^_^;)

たった1枚の写真で8000万円!驚きというより、溜息が出てきますね。

さらに、このインタビューでは、今までで一番お金が入ってきた仕事についても語っていました。

海外のCM撮影があり、契約金額は、これまた8000万円だったそうです!

6時間拘束という契約内容でしたが、1分でもオーバーした場合、「契約金は倍になる」という内容が盛り込まれていたとか。。。

そして、実際にかかった時間は6時間2分!

契約通り金額は倍になり、2分の延長金で1億6000万円を手にすることになりました!

新庄剛志さんの「野球はバイト」という言葉が、自然に出てきちゃうのも無理はないですよね(^_^;)

新庄剛志の成績(メジャー)が意外すぎ?年俸推移や驚愕のバイトを調査!まとめ

今回は、新庄剛志さんについて、

・日本とメジャー時代の成績と年棒には、意外と物足りなさを感じる人も少なくない。

・成績よりも実績の方が凄かった!

・打撃よりも守備がすごい選手だった!

・パフォーマンスや人柄による高評価の部分も大きく、何かを持ってる男!

・野球の年俸もすごいけど、CMや広告の仕事ですごい金額を稼いでいた!

ということを紹介しました!

何をしても、世間を惹きつける魅力に溢れている新庄剛志さんの今後も、目が離せませんね!

なにか、新しい情報がわかりましたら、またお知らせしたいと思います♪

スポンサーリンク


  data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする