バレエの特徴であり美しい動きの一つルルベ。上へ上へと伸びて行こう!

こんにちわ!長年バレエを続けているユリです。バレエとほかの踊りの違いの特徴の1つとして、ルルべが挙げられます。高く上に引き上げて伸びる動きは、とても優雅で美しいですよね。今回はルルベにスポットを当てて、上達のコツをご紹介していきます!参考の1つになれば嬉しいです♪

ルルベとは?

高く、持ち上げる、引き上げられた、という意味を持つルルベ。一見、背伸びをするのと同じように見えますが、訓練しないとできるようにはなりません。また、ルルベをしない振り付けも滅多にありません。

ルルベが安定すると余裕ができ踊りやすくなります。

そして憧れのトウシューズを履く場合も、ルルベがちゃんと高く引き上がってないと、ポアント(つま先)に綺麗にのれなくて、見た目も美しくないばかりか、場合によっては怪我をしてしまうかもしれません。

たかが背伸び、されど背伸びです。

ぜひマスターしたい動きです。

まずはルルベを確認しよう

ルルベはわかりやすく言うと、背伸びの状態から、さらにかかとを高く引き上げます。

どのような状態なのか確認していきましょう。

まず、膝を伸ばした状態で、背伸びをし、そこから膝を曲げてみてください。

かかとの位置だけにスポットを当てると、かかとが前に押し出され、かかとの位置が上に上がっていますよね?

そのかかとの位置をなるべくキープしたまま、再び膝を伸ばしてください。

そこが今のあなたのルルベです。

足の裏がストレッチされ、同時に足の甲も伸びているはずです。

ルルベのポイント

そして、気をつけておきたいポイントは、足指です。

力が入って、足指が曲がっていませんか?

足が床に接している面積が大きいほうが安定しますよね。足指が曲がっていては、安定しないでグラグラしてしまします。

ルルベはどこを意識して立つの?

ルルベで立っている時の重心の意識は、足の人差し指辺りです。

親指寄りに立つと外反母趾を引き起こす原因になりますし、中指よりに立つと外側に引っ張られて綺麗に立てません。

また、ルルベは足の付け根と足指で立ちますが、指先だけで立つ意識をもつとより引き上がったルルベになります。試してみてください(^-^)

そしてルルベはポーズではなくパ(動き)ですので、立っておしまい。ではなく、床を押して伸び続けるのもポイントです。

指先で床を突き抜けて押していく力を使って、上半身は上に伸び続けるという感じです。

ルルベをより高くするには?

足裏をストレッチして柔らかくすると、より高いルルベになっていきます。

ルルベに立って膝を曲げてストレッチしてみたり、その足指はルルベのままもっと膝を曲げて正座をするように座ってみたり、座って指先を手で反らせてみたりすることで、徐々に柔らかくなっていきます。

ルルベのまとめ

ただの背伸びではないルルベ。丁寧に行うことで、身体に無理なく踊りやすい足になっていきます。レッスンでも必ず出てくるので、是非ポイントをチェックしながら試してみてください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする