レッスンの理由を知ってより効率的に上手に踊れるようになろう!

こんにちわ!長年バレエを続けているユリです。バレリーナのレッスン風景ってなんだか素敵ですよね?そんなバレエレッスンのエクササイズをする目的を知ることが、より早く上達することへ繋がっていきます。まずは知識を持っておいてからレッスンに臨んで行きましょう。

今回は、レッスンについてその目的を紹介していきます!

レッスンを大きくわけると、、、

バーにつかまっておこなうバーレッスンと、バーを片付けて、スタジオの真ん中(フロア)にでてきて行うセンターレッスンがあります。

バーレッスンをしてからセンターレッスンに移っていきます。この流れは、国もメソッドも関係なくこの順番で行われます。

どうしてバーレッスンをするの?

バーレッスンをする理由は、簡単にいうと、バレエを踊るための身体の準備です。

バレエを踊るのに必要となる、身体の軸を作るために必要なエクササイズを行っていきます。

バーレッスンは、準備ではありますが、単なるウォーミングアップではなく、身体を整えて踊れる状態に作り上げていく、とても大切なエクササイズという意識を持つといいです。

レッスンでは、小さな動きから徐々に大きな動きになっていきます。しっかり軸足に立てているか、重心の位置が正しいところにあるかを確認しながら行っていきます。

バーに手を置いて行いますが、バーを使って足を動かしたり、高く上げたりするのではないので注意しましょう。理想は、軽くバーに助けてもらいながら身体の軸や重心の位置を整えていきます。

ちなみに、舞台に出るときも、必ずみんなバーレッスンは欠かさずに行っています。

特にバーを置いてレッスンするスペースが設けられないときでも、客席やロビーなど、どこかつかまってレッスンできるところを探してでも、必ず行います。

舞台で踊る前にバーレッスンを行わないなんで、よほどの理由がない限りありえませんし、そのような状況になったとしたら、怪我をしてしまいそうでとても不安で恐ろしくなってしまいます。

バーレッスンの大切さがよくわかりますよね♪

センターレッスンはなぜするの?

バーレッスンよりも踊るという要素が強くなります。

センターレッスンでは、バーレッスンでの状態の引き上げ、軸または重心を使って様々な動きをしていきます。

バーレッスンでの動きを組み合わせて、回転や跳躍、移動などの動きが入り、徐々に躍動的な動きになっていきます。

踊っている感じを味わうことのできる楽しい時間です♪

また、バレエは舞台で踊ることが本来の目的なので、センターレッスンでは舞台に立ってお客様から見た時にどのように映るかを意識していくのも必要となります。

具体的には、顔、身体の角度、手の位置を微調整していきます。もう少し角度をつけたほうがより綺麗に見えるとか、足が長く見えるなどを気をつけていきます。

最初は動きを覚えるだけで必死になりますが、慣れてきたらこういったことも意識してレッスンをしていきます。そうすることで、より綺麗に優雅にバレエらしい憧れの動きに近づいていきます。

レッスンの意味のまとめ

バレエの大切な要素がたくさん詰まったバーレッスン。最初は動かす足を覚えるで精一杯になりますが、大切なのはどんな動きをしても、いかに軸足をアンドゥオールに保っていられるかです。

バーレッスンでできていないことは、センターレッスンでできないことがほどんどです。

バーレッスンがあってこそのセンターレッスンになりますので、バーレッスンを大切にレッスンをしていきましょうね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする