大谷亮平韓国語でドラマ出演する韓国人説?大学学歴についても調査!

大谷亮平は韓国語でドラマ出演していたので韓国人なの?との噂があるようです。大学や学歴も気になりますよね!大谷亮平が流暢な韓国語でドラマに出演していたって本当?韓国語のレベルが高くて韓国人説も浮上しています。そして大谷亮平が卒業した大学と学歴についても調査!

大谷亮平は実際どれくらいレベルの韓国語を話すの?

大谷亮平さんは、韓国で活躍してから日本でデビューした逆輸入俳優といわれていますが、実際の韓国語のレベルはどれくらいなのでしょうか?

大谷亮平さんは、韓国で映画やドラマに出演していたというので、普通にネイティブ級に韓国語を話せるのだと思いますよね。

調べてみると、大谷亮平さんの韓国語は、韓国の人には、日本人が話す韓国語だとすぐにわかるレベルだという情報がありました。

韓国のアイドルが日本語を話すと、すぐに韓国の人だとわかるのと同じ感じと同じということですかね。

大谷亮平さんは、韓国でドラマや映画に出ていたのに、ネイティブじゃないの?と思って気になったので調べてみました。

どうも大谷亮平さんが、韓国人渡ってまだ日が浅い頃の役柄は、韓国語を話す日本人の設定だったことが多く、ネイティブレベルの韓国語を話さなくても違和感なく受け入れられたんだとか。

ちなみに、大谷亮平さんとは関係なく、一般論として、韓国語はどんなに語学を勉強してもネイティブのようには話せないもので、仮に、日本人が韓国で俳優をしていても、日本人としての役しかまわってこないんだそうです。

大谷亮平さんは、韓国で俳優としての経験を積んでいくうちに、やがてドラマで韓国人役もこなし、韓国のバラエティ番組にも出演していたことから、徐々にネイティブの韓国の人と同じように話せるようになったのではないかと言われています。

ちなみに、韓国語で歌も歌えるそうです。
大谷亮平さんは、2017年に音楽イベントに出演した時には、所属事務所の先輩、福山雅治さんの「Squall」という曲を、韓国語で披露されたそうです。
これはかなり上級者ですよね。

しかも、歌もすごくうまいそうです。多才な方なのですね。

最初は、韓国語がほどんど分からない状態で、韓国芸能界に入ったので、韓国語のレベルが上がっていく過程で、ネイティブ級に話せない、話せるの情報が出たのかもしれませんね。

大谷亮平さんは、日本に活動拠点を移してからは、韓国語を使用する機会が減って、最近は韓国語を忘れはじめているとテレビ番組で言っていました。

そんな大谷亮平さんは、『日本で、韓国語を使う役を演じて自然と日韓の橋渡しをしたい』と語っていたそうです。

実現すれば、日本のテレビで、リアルに韓国語を話す大谷亮平さんを見る日が来るかもしれませんね。楽しみですね!

大谷亮平の流暢な韓国語マスター秘話

大谷亮平さんは、韓国で活動しているあいだは、日本語を忘れそうだと言ったほど、流暢に韓国語を話すようになりました。

このレベルに至るには相当の努力をされたそうです。

大谷亮平さんは、韓国に渡ったあとに、延世大学に入って勉強をしました。

それに加えて、自宅でも韓国語の個人レッスンを受けて、韓国語のセリフをマスターする努力をしていたそうです。

韓国語のセリフを覚えるために、ハングル文字を覚えるも、発音するのにとても苦労したんだとか。

当時は、韓国語が日本ではあまり浸透していなかったので、ほぼ韓国語に触れたことのない全くゼロの時点からのスタートだったということですよね。

そこから、努力を積み重ねて、韓国でトップ俳優にまでなったとは大谷亮平さんが、真面目で努力家で、根性があることが伺えますね。

現在の大谷亮平さんは、演技する際の韓国語に不自然さは全くなく、むしろ凄いと賞賛されるほどなんだそうです。

大谷亮平の韓国で出演した作品

大谷亮平さんの出演作品は、まだ韓国で活躍した実績の方が多いですよね。

どんな作品で何の役で出演していたのでしょうか?

日本でも放送されてた韓流ドラマもあるようです。

まさか、そこに大谷亮平さんがでていたとは!と驚く作品もあるのではないでしょうか。

大谷亮平さんの韓国での主な出演作品

ドラマ編

2006年「ソウルメイト」リョウヘイ役

2008年「東京、天気雨」コウスケ役

2009年「家に帰る道」ヒロ役

2012年「ボクヒ姉さん」ペク・テウン役

「ヒーロー」ヤマダ・リョウヘイ役

「追跡者THE CHASER」ペ常務役

2013年「九家の書」百年観客の客忍者役

2014年「果てしない愛」マサト役

『朝鮮ガンマン(韓国語版)』 金丸(かねまる)役

※この作品で、大谷亮平さんは、韓国ドラマアワード2014グローバル俳優賞を受賞しました。

2015年「華政」イダチ役

映画編

2011年「神弓-KAMIYUMI-」ノガミ役

大谷亮平さんは、この映画で重要な役を演じ、この映画は、韓国映画の中で興行収入1位を獲得しました。

2014年の「バトル・オーシャン海上決戦」日本軍兵士ジュンサ役

この作品も韓国歴代1位の興行収入と観客動員数を記録を打ち立てたそうです。

大谷亮平日本が嫌いの噂って?

一部の噂では、大谷亮平さんが日本をあまり好きではないという内容のものがあるそうです。

どういうことなのでしょうか?

調べたところ、大谷亮平さんが、日本に嫌悪を抱く感情があるという情報は1つもありません。

もしかしたら、ここ数年悪化している、歴史、領土問題の関係から、このような噂が出て来たのではないかということでした。

有名になるとこのような政治的事情絡みで、根拠のない噂をたてられてしまうんですね。

芸能人も大変な職業ですね。

大谷亮平は韓国人?ハーフ?

大谷亮平さんは、韓国人?または韓国人とのハーフじゃないか?と噂されることもあるようです。

大谷亮平さんが、韓国で人気の俳優であり、日本よりも韓国で先にブレイクしていたこと、韓国語がとても流暢なことから、このように思う人がいるんだそうです。

この件に関しては、大谷亮平さんご自身がハーフでないと否定していますし、公式プロフィールに、出身地は日本とあることから、大谷亮平さんは日本人であることは間違いなさそうです。

大谷亮平プロフィールと簡単な経緯

本  名 :大谷慶彦(おおたに よしひこ)

生年月日 :1980年10月1日(38歳)

出 身 地 :大阪府

血液型 :O型

身  長: 180cm (182cm説もあり)

体  重:72kg

所属事務所 :アミューズ

趣  味: バレーボール

特  技 :殺陣・乗馬

大谷亮平さんは、韓国に渡る前は、整った顔立ちと高身長を活かして、モデルとして活動していたそうです。

その後は、日本で目立った活動をすることもなく、韓国で人気俳優にまで上り詰めたんだとか。

そして2016年になってから、日本で本格的に活動することになりました。

その年に出演したドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で注目を浴び、大谷亮平さんを知る人が多くなりました。

大谷亮平さんは、出演したテレビ番組で、とても慣れた手つきで、けん玉を披露していました。

集中力を高めたい時に、けん玉をすることもあるし、逆にそれで失敗するとストレスになることもあると笑っていました。

どこをとっても完璧にカッコイイ大谷亮平さんに、親近感を覚えるコメントですね。

大谷亮平学歴とバレーボールの実力は?

大谷亮平さんは、小学生4年生の時にバレーボールをはじめ、かなりの実力者なんだそうです。

小学生の大谷亮平さんは、プロのバレーボール選手になるのが夢だったそうです。

その後、吹田市西山田中学校に進学し、バレーボールに没頭する日々を送ったんだとか。

大谷亮平さんが、中学3年生のときに大阪府で優勝し、全国大会では、大阪北代表選手に選ばれた経験をしたそうです。

ちなみに、中学生になると、近所のおばさんからは「おばさんキラー」と呼ばれていたそうです。

中学生になってイケメンの要素が濃くなってきたんでしょうか。

高校は偏差値62~71とも言われる大阪府の清風高校に進学しました。

こちらの高校は、勉強はもちろんのこと、オリンピック選手が何人も輩出されているという文武両道の男子校だそうです。
高校時代の大谷亮平さんは、バレーボール部のキャプテンであり、大阪選抜チームの キャプテンも努め、国体に出場するほどの実力者だったそうです。

その後進学した大学には、バレーボールの特待生として進学しているそうです。

大学名の情報は今のところないようですが、都内の大学ということは確かなようです。

現在でも、強者ばかりの実業団で練習を重ねているんだとか。

大谷亮平さんは、スポーツも万能だなんて、非の打ち所のない多くの女性が憧れる素敵な方なんですね。

⇒大谷亮平の大学やプロフィールは?竹野内豊金城武そっくりの噂調査!はコチラ

⇒大谷亮平の結婚相手は優香?嫁は誰かと結婚しましたの真相!はコチラ

大谷亮平韓国語でドラマ出演する韓国人説?大学学歴についても調査!まとめ

ドラマ「逃げ恥」でブレイクし、朝ドラにも出演を果たしと、日本での活躍の場をどんどん広げている大谷亮平さんの、韓国に関する情報を紹介しました

大谷亮平さんは、長身で整った容姿にもかかわらず、誠実で落ち着いた大人の雰囲気が魅力ですよね。さらに、運動神経もいいとは羨ましい限りです。

韓国での経験を活かして、これからもどんどんテレビで見る機会が増えそうですね。楽しみにしています。

大谷亮平さんについて、何か新しい情報がわかりましたら、また紹介したいと思います。

→大谷亮平さんの女性関係についての記事はコチラをクリック!

引用:https://instagrammernews.com/detail/1741351665984315760

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする